コナンの映画のひねくれた観かた

どうも、昨日のノー残業デーは、部屋でカレーを食べて横になったら朝になってたnaka-staです。珍しく、平日のこの時間にBlogを更新するのは、
上司が飲みに行って帰ってこなかったからじゃなくて、仕事が落ち着いたから…

さて、気がつけば1ヶ月も前になりますが、GARNET CROWのOver Driveを映画館で聴きたいがためだけに観てきたコナンの映画の話でも。


中身とかは置いておいて、普通の人は気にしないであろう点をいくつか…

大阪から人々が西へ向かうシーンで高速道路が出てくるのだが、この標識がNEXCOではなく、阪神高速のタイプだった。つまり、中国道や山陽道ではなく、3号神戸線
から第二神明道路、国道2号を使うのかと。宝塚の渋滞を避けたいのですかね(笑

同様に大阪駅のシーンがあり、「野洲」とか「高槻」と出てきたので、逆では?と思ったら、無人のホームを示してた。これ、大阪の人達はわかるだろうけど、東京の人達のどれ位の人達がわかったんだろう?ついでに、表示は「京都方面野洲」って出たはずなんだよな(苦笑

また、奈良へバイクで向かうシーンでは、青い標識しか出てこなかったので、第二阪奈ではなく、阪奈道路を通ったんだろう。こっ
ちは阪神高速使わないのね。

こういう観かたができるので、邦画は見れるのだが、洋
画は見れなかったりする。もっとも、なにを観てるんだと叱られそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です