小田厚!

【走行日】2015年7月26日
【投稿日】2015年8月01日

どうも、夏休みを取ろうとした日に限って、仕事の予定が埋まってゆくnaka-staです。
予定が未定になりつつある…

さてさて、前回投稿した神奈川県道77号平塚松田線を走り抜けた帰りに見つけたのがこの標識。
気になることがいくつかあるので、まとめてみました。

 (小田原 小田厚! 2015/07/26 神奈川県足柄上郡大井町 栢山入口交差点)

「小田原厚木道路」は「小田厚」と略すらしいと話には聞いていたが、実物を撮影できたのは初めて。
「小田原」と並ぶと同じように見えるのと、フォントの違いがよくわかる作品に。
逆に、「原」「厚」がフォントが違うだけで実は同じ文字…に見えなくもない。

ちなみに、「小田原厚木道路」は全線が国道271号に指定されており、現在は国道271号は「小田原厚木道路」しかなく、圏央道(国道468号)や東海環状自動車道(国道475号)と同じだったりする。平塚ICから厚木西IC付近まで「271側道」と案内されている部分は以前は国道指定されていた模様だが、少なくとも現在は県道指定されている。

また、国道271号は小田原が起点で厚木が終点となっているが、 小田原厚木道路としての案内(キロポストや交通情報)は厚木から小田原に向かっているのも面白いところ。

また、東名と小田原厚木道路ともに自動車専用道路なので緑色に白文字で記載されているが、ローマ字表記がすべて大文字の東名と、頭文字だけの小田厚。どうやら、高速自動車国道はすべて大文字で記載するようだが、その使い分けに気がついている一般ドライバーってどれくらい居るんだろう…
(自分もこの記事を書いていてようやく気がついた)
そうすると、高速自動車国道ではない首都高が全部大文字になっているのはどういうことだろうとか思い始めたけど、とりあえず今回はココまでで。

写真一枚からちょっと膨らませてみました。ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です