2017年3月25日(土)から「S-TRAIN」運行開始!
http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2016/__icsFiles/afieldfile/2017/01/10/s-train.pdf

この春から土休日に西武鉄道西武秩父〜東京メトロ副都心線〜東急東横線〜横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街、平日に西武池袋線〜東京メトロ有楽町線を直通する座席指定列車「S-TRAN」の詳細が発表された。

京急のWing号や東武のTJライナーのような着席定員制に近い、1回数百円の設定なのかと思いきや、最大料金である横浜高速・東急東横線〜西武秩父だと1,060円と結構いいお値段。また、車内で精算すると200円増しになる、JR東日本普通列車グリーン車と同じシステム。個人的には、車内精算の手間も減らすことができるので良い方法だと思う。

このS-TRAINに用いられる西武の新型通勤車両40000系は、4ドア通勤車両ではあるものの、ロング/クロスシート転換機能やWifi、コンセント、さらにはトイレまで設置されているオールマイティ?な車両に仕上がっているそうなので、最大約2時間半の車内も快適に過ごせるのかな?
【参考】http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2016/__icsFiles/afieldfile/2016/09/08/20160908_40000keikansei.pdf

この記事を書いていて思ったのが、西武の特急「ちちぶ」の乗車時間がおおむね1時間半弱であることを考えると、この結果次第ではこの40000系(もしくはその後継?)に統合されて、特急形車両がなくなることもあるのだろうか?正直、西武沿線に詳しくないのでわからないが、トイレ付きクロスで2時間過ごせるのであれば、運用に制限が多い特急形を持つメリットってすくないような…
最も、出典は明記されていないものの、Wikipediaには特急形車両の後継も予定されているようなので、考えすぎかと思いますが…
2016/03/14付けプレス資料で2018年に新型特急車両って出てましたね。観たことのない車両ということでインパクトのある資料だったのを失念してました…
【参考】http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2015/__icsFiles/afieldfile/2016/03/14/20160314shingatatokkyu.pdf
【2017/01/12追記・修正】

運行開始して、落ち着いたら一度乗り通してみたいですね。

西武鉄道における40000系の1世代前の30000系 2014/11/03 埼玉県飯能市 西武鉄道飯能駅にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です