[記事公開日]2018年12月29日

 

踏切音と大きな荷物を持った人たちで京成を感じる

今日は単身、列車で勝田台へ。

船橋でJRから京成に乗り換えて、京成津田沼駅付近で、「カンカンカンカン」の連打が聞こえてきて京成を感じる。

あれは踏切がしまってから偶数本数目の時になったと記憶していたが、何か意味があるのかな?(他で導入しているところを知らない…)

そして、この列車が成田空港行きということで、大きな荷物を持った人がちらほら。

そんなことを感じていたら、船橋→勝田台はあっという間でした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください