【備忘メモ】みずほ銀行で子供の口座を作る

どうも、このサイトではご報告していませんでしたが、子供が出来たnaka-staです。
今回はその子供に対していただいたお祝い金を預金すべく、みずほ銀行に口座を開設したときの備忘メモです。

  • 必要なものは印鑑と住民票

みずほ銀行のHPにも記載があるが、18歳未満の子供名義は、親が手続き可能で、届出印と住民票を持って行ったら、あとは店舗で申し込み用紙に記入することで口座開設できた。

ただ、窓口のお姉さん曰く、特に赤ちゃんの口座は悪用されやすいとのことで、利用目的も確認された。(将来の貯蓄と答えればOK)

  • 通帳はその場で出来るが、後日郵送となる

上記の悪用問題からか、通帳はその場で作成され、普通口座に入金後に一部を定期口座に振替も確認させてくれるが、その場で渡してもらえず、後日簡易書留で自宅受取となった。

  • キャッシュカードも別便で郵送となる

通帳から1日遅れくらいで、キャッシュカードが簡易書留で届く。

  • みずほマイレージクラブはもちろん、みずほダイレクトも申し込み可能

一番気になったのがここ。こども、特に新生児は自分の意思でネット操作できないので、申し込み出来ないとおもっていたインターネットバンキングであるみずほダイレクトも利用可能とのこと。いいけど、これって大人になっても親が口座を監視できちゃうのでは?と思ってみたり。おそらく、本人からの申し出で変更等は可能なんだろうけど。この手続きで一番の驚きでした。


さて、特に大きなポイントはなかったものの、このサイトで一番人気の記事が「みずほ銀行キャッシュカードの暗証番号ロック解除」なので、みずほ銀行ネタとして投稿してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です