秋田から稚内を目指す旅_1(8/5:大崎→秋田:フローラ号)

【乗車日】2016年08月05日(金)
【投稿日】2016年08月27日(土)

どうも、8月は休みに予定を入れすぎて、消化し切れてないnaka-staです。
そんなイベントのひとつ、8月前半に家族が居ない週末をいいことに稚内まで行ってしまった旅行記をまとめておきたいと思います。

まず初回は大崎駅から夜行バスで秋田へ向かいます。

(出発をまつ秋田行きフローラ号 2016-08-05 東京都品川区 大崎駅西口バスターミナル 小田急シティバス39号車)

(出発をまつ秋田行きフローラ号 2016-08-05 東京都品川区 大崎駅西口バスターミナル 小田急シティバス39号車)


大崎駅西口バスターミナルはWILLERを中心に発着する新しいバスターミナル

今回の旅のスタートは8月5日(金)。仕事終わりの職場から大崎駅についたのが19時過ぎ。
大崎駅に降り立ったのは2011年以来2回目で、その際は業務で東口へ直行したので西口側は初めて。駅からペデストリアンデッキがつながり、各ビルへ直結し、バスターミナルもすぐにわかった。夕食を食べていなかったので大崎ウィズタワー1階の六厘舎でつけ麺を食べ、NBF大崎ビルのTSUTAYA内のスタバでコーヒーを飲みつつ携帯の充電をして時間を調整しながら20時半過ぎにバスターミナルへ。

大崎駅西口バスターミナルは渋谷駅行き、清水行き東急バスが発着する0番のりばと、高速バスが発着する1〜3番のりばという構成。3番乗り場付近には発着案内表示器があり、おもにWILLER EXPRESSのバスターミナルとして機能している模様。今回乗車するフローラ号の大崎駅発着は繁忙期のみのため、表示器には表示されず、張り紙で対応。ちなみにこの日はこの夏最初の運転日。


3列シート窓側コンセント完備といううれしい誤算で快適車内

20時45分くらいだろうか、今宵のお宿となる小田急バスの秋田行きフローラ号が入線。買ったチケットには「3号車」と記載があったので、大崎駅から3台体制なのかと思ったが1台しか来なかったので、1・2号車は新宿地区発なのだろう。乗務員さんの準備等が結構あり、乗車の案内があったのは21時を過ぎていた気が。21:10定刻に大崎駅西口バスターミナルを乗務員2人に乗客が3人で発車。

車内は3列シートでコンセントが完備!1週間前に急遽決めて、3号車の残数1という状況だったので臨時用の4列車を覚悟していたのでうれしい誤算。改めて振り返ると夜行バスで一夜を過ごすのは、東京〜名古屋や大阪、福井へ向かうJRバス系列だけで、北へ向かうのも、JRバス系列以外の夜行バスも今回が初めて。

(秋田行きフローラ号車内の様子 2016-08-05 小田急シティバス39号車)

(秋田行きフローラ号車内の様子 2016-08-05 小田急シティバス39号車)


まずは小田急バスの本拠地、新宿へ

五反田入口〜初台南出口を首都高通るか期待したが山手通りを北上。人が少ないからいいだろうとカーテンを少し開けて、山手通りの工事を視察していたら乗務員さんがやってきて焦る… なんのことはなく、10回貯めると1回無料になるポイントカードのご案内でした…(苦笑
最終利用から1年間有効とのことで、頑張れば10年越しで片道無料も夢じゃない!?

大崎を出発して約30分かけ山手通りを北上してきたが、新宿へ寄るべく右折。 いつの間にか並走していたJRバスはバスタ新宿へ国道20号を右折して行ったが、この臨時便は小田急百貨店前に寄るだけでバスタには入らない。新宿住友ビル前付近で、いつの間にか前に秋田中央交通車が。このバスが3号車なので、ハイアット・リージェンシー始発の2号車だろうか。


満席のフローラ号は一路秋田へ!

21:50頃、新宿駅小田急ハルク前着。秋田中央交通車の前には小田急シティバスが停車中。 また、聞こえてくる案内から後ろに4号車もいる模様。HPの時刻表を読む限りだと、1号車は先発し、バスタ新宿へ寄り、2号車以降は直行、そしてみんな大宮に同着して秋田に向かう模様。

新宿で見える範囲の席は埋まったが、思った以上に女性だらけで、男性は数人しか見当たらない… 自分の周りは前後も隣前後すべて女性…ちなみに、チケット予約はHPから出来たが座席の指定は出来かなったので確信犯ではないことを申し添えておきます。

22:15頃、中野長者橋入口から首都高速C2中央環状線に入り、5号池袋線へ。熊野町の合流もスムーズに通過。首都高速を新都心西で出て10分ほど待機ののち、22:50頃大宮駅西口でひとり乗車。まもなく消灯とカーテン開けないでと放送が入り、東北自動車道岩槻IC付近で消灯。途中の解放休憩はなく、6:40の秋田駅東口着まで車内のひとに…


設備は良くても熟睡出来るとは限らない…

携帯のログを見ると、上河内SA、国見SA、前沢SAでそれぞれ10分程度ずつ休憩しつつ東北自動車道から秋田自動車道を北上し、6:20分過ぎの秋田中央ICを流出したところで車内に明かりがつき、6:30頃秋田駅東口到着。

一晩を過ごしてぐっすり寝れたかといえばなかなか厳しく、寝たり起きたりの繰り返し。バスの休憩停車中に起きてしまうことが多かった…また、個別カーテンがないので、起きてしまっても消灯中の読書やスマートフォン操作はやりにくいのが若干辛かった…


次回は、秋田駅周辺散策の様子をご報告します。

秋田から稚内を目指す旅_1(8/5:大崎→秋田:フローラ号)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: いまさら2016年を振り返る | naka-sta駅務記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です